心も美しく

今ほんとうの“美”が求められている

美の本質は感動

No.2

2023.06.01 UPDATE

本当の美とは何か。 美の本質を伝える人気連載コラム。

今ほんとうの「美」が求められている

第1回には、「きれい」と「美しい」ということの、本質的な違いについてお話しました。では、なぜ今ほんとうの「美」が求められているのか。今回はそれについて考えてみたいと思います。

飽食の時代を迎え、人間の幸せを考える上でもっとも価値があるもの、それこそが「美」ですが、これは人間の欲求を解析してみてもよくわかることです。それを体系的にまとめたのが、アブラハム・マズローというアメリカの有名な心理学者。彼は人間の欲求を、5段階に分けました。すなわち、人間がまずもつ欲求は、食欲や睡眠欲、性欲といった生理的欲求である、と。それが満たされると、人には安定、安全への欲求というのが出てきます。そしてそれも満たされると、次にあるのが社会的帰属の欲求。たとえば女性が結婚して安定を手に入れても、いつも家にいるのではなく外に出たいと思うようになる。それは当たり前のことですね。そうやって社会に出て、それにも慣れてしまうとどうなるか。今度は中でも認められて頭角を現わしたいという、自我欲求が出てきます。そうして社会的な地位も確立してはじめて、人には「自分は人生の中で何をしていきたいのか」と考える自己実現の欲求が芽生える、というわけです。この自己実現に向かい、人間の中に生まれるもの。それが「もっと学びたい、知りたい」という知の欲求であり、それもかなって最終的に出てくる最上位の欲求、それが「美への欲求」です。今はまさに、そういう時代に入っていると思います。

私は21世紀の人類最大のテーマは環境問題だと思っているのですが、有限な「物質」をとことん追求するという価値観に代わるものが何かといえば、それこそが「心」。心を満たすものが感動であり、とりわけ人を感動させるのが「人の美」であるとしたら——。現状では非常に軽いレベルでしか考えられていない「美容」にだって、きちんと哲学をもつことが、求められているのではないでしょうか。

フォローする Follow us on

以前の記事

おすすめの記事

毎日肌から感動する
ELECTORE
3 STEP シンプルケアアイテム