心も美しく

美しくあるためにはホメオスタシスを高めること

美の本質は感動

No.15

2023.06.01 UPDATE

本当の美とは何か。 美の本質を伝える人気連載コラム。

イメージの持ち方ひとつで、「自分」はいくらでも変えられる——。これまでそういうお話をしてきましたが、では、自分を美しくするためにはどうしたらいいのか。今度はそのことについて考えてみましょう。

人の美しさには、いったいどういう要素があるのか。まず、いうまでもなく外面があります。基本的には持って生まれた容姿のことで、外から見える「肌の美しさ」もそのひとつ。ただし肌の美しさと言っても、そこに健康を含めた内的な要素が強く影響を及ぼすこと、さらに精神とも切り離しては考えられないということは、もうさまざまな形で明らかになっています。ストレスが肌に影響するのを見てもわかるように、外的な部分、内的な部分、そして精神——「心」という、大きく3つの要素が統合されて、美しさが生まれるわけです。

では、どうしたら美しくなれるのか。前にもお話ししましたが、たとえば目が小さいから大きくしたいとか、小さいから背が高くなりたいとか、脚が長くなりたいとか——そう思ってそれが実現すればいいけれど、実際はそうではありません。自分を否定しても、何も始まらないわけです。大切なのは、与えられた魅力をどう引き出し、最大限に生かすか。これは肌についても、同じことが言えます。

たとえば今、医学が発達して、風邪をひいたときには風邪薬を飲めば喉の痛みを和らげ、咳を止めることはできます。解熱剤を飲めば、熱も下がるでしょう。でも、いくら薬を飲んでも、風邪そのものを治せるものではありません。対処療法として症状を和らげることはできても、実際に喉のはれを治したり熱が出ないようにするのは、人間が本来持っている生理的な機能のなせる業。いくら医学が発達しても、実は自分の力以上の薬はないのです。健康についてだけでなく、自分を美しくする上でも、その最大のポイントは自分が本来持っている機能を最大限に引き出すこと。あるいはさらに、それを高めていくことにあると言えます。この人間がもともと秘めた機能をホメオスタシス、あるいは恒常性と言いますが、これをいかに生かし、高めていくかが、「美容」のいちばんの根本になるのです。

フォローする Follow us on

以前の記事

おすすめの記事

毎日肌から感動する
ELECTORE
3 STEP シンプルケアアイテム