心も美しく

【齋藤薫】リモートワークによる時間的なゆとりは
なぜ人を美しくするのか。
コロナ時代、もう一つのニューノーマル

Beauty Style

Vol.34

2023.06.01 UPDATE

もう元には戻れない……最近はそういう声をよく耳にする。

リモート6割、出社4割。そうした割合で仕事をしている人が少なくないのではないだろうか。いや8割がリモートという企業も増えてきた。そしてそういうリズムに一度慣れてしまうと、もう元には戻れない。今そういう感慨をもつ人が増えているのは、あるいはそれが、人間が身も心も健全に生きていく上で、最も自然なバランスだからなのかもしれない。そう考えると、こうした不測の事態も悪いことばかりではない。正直、コロナ禍がなかったら、リモートワークが常識になるなど、10年20年、いやもっと先だったかもしれない。そういう意味では、コロナが教えてくれたことは少なくないのだ。

それにしても、通勤がなくなることは、日常生活を劇的に変える。多くの人が訴えているように、通勤がいかに1日の時間を短くしていたか、それを今思い知っているという。その分だけ日常生活のあらゆる場面にゆとりができて、お手入れをとりわけ丁寧に行なっている人が増えてきた。これまでならば、朝はいつも慌てて最短時間で済ませていたお手入れも、あえてゆっくり時間と手間をかけたいという思いになってきた。それが知らず知らず女性たちの肌を美しく磨いているという、そういう流れ。だから元には戻りたくないという意識にもなるのだろう。

時間をかけ手間をかけることはもちろんだけれど、ひょっとするともっと大切なのは、心穏やかにお手入れをすることなのではないだろうか。慌ててお手入れするのとゆったりと落ち着いた心でお手入れするのとでは、おそらく同じ量の化粧品を使っても、仕上がりが全く違うはずなのだ。お手入れは肌との対話。その対話が乱暴だと、肌も心を開かないけれど、優しく丁寧に語りかけるようなお手入れをすれば、肌は一生懸命それに応えようとしてくれる。だから吸収力も浸透力もまるで違うはずなのだ。

同様に、時間的なゆとりは気持ちのゆとりにつながり、心穏やかに毎日を過ごせるようになってきたと証言する人も多い。それが美しさにとってどれだけ大切か、そういう生活になってみて初めて知ったという人も少なくない。何事にもイライラしないこと、悲観的にならないこと、混乱しないこと、乱暴にならないこと……ともかくそうした心のネガティブがないことは、人をどこまでも美しく見せる。今そこにどうしても気づいてほしいのだ。今までの日常が戻ってきてしまうと、そこに気づくチャンスを失うから。

そして当たり前の日常の中で、もっとも身近な人に対して、もっとも当たり前の挨拶をも、心を込めて丁寧に言うことができるようになると、ある種内面から自分が変わってくる。おはよう、いってきます、ただいま、おやすみなさい。そういう当たり前のひと言を美しく言える人が、結局は美しさを勝ち取るのだということを、今こそ思い知らされるのだ。

ウィズコロナは、これからも意外な生き方の正解を見せてくれそうだ。そういう気づきに、居住まいを正す生活、それが私たちが生きるべきニューノーマルなのである。

齋藤薫

齋藤薫

Kaoru Saito

美容ジャーナリスト/エッセイスト
女性誌編集者を経て独立。女性誌において多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍。『Yahoo!ニュース「個人」』でコラムを執筆中。新著『大人の女よ!もっと攻めなさい』(集英社インターナショナル)他、『“一生美人”力 人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)、『されど“服”で人生は変わる』(講談社)など著書多数。

ずっと美しい人の秘密に迫った、読む"美容本"。
『大人の女よ!もっと攻めなさい』(集英社インターナショナル)
フォローする Follow us on

以前の記事

おすすめの記事

毎日肌から感動する
ELECTORE
3 STEP シンプルケアアイテム