内より美しく

シミやそばかすの改善に 枝豆

一流シェフに教わる、とっておきのレシピ

Lesson.20

2023.06.01 UPDATE

おかずに、おやつに、ビールのお供に食べられる枝豆は夏が旬。 実はアルコールの分解を助けたり、疲労回復、美肌効果があります。 食べすぎはよくないですが、 どうりで暑い夏に人気な訳ですね。

栄養がたっぷりで美容と健康にいい枝豆を食べて 夏バテを防ぎましょう。

京都の暑い暑い夏がやってきました。涼を求めてついついビールが進んでしまいますが、枝豆は食が細くなるこの季節でもついつい食べ進めてしまい、おつまみに最適です。私は海外のホテルリゾートの仕事もさせて頂いておりますが、外国の方は本当に茹でた枝豆が大好きなようです。本質的に枝豆の効能をわかってられるのでしょうね。暑いビーチで枝豆を食べながらお酒を味わっていらっしゃるし、中国でも唐辛子を入れた出汁で枝豆を茹でて、ほんの少しピリッとさせて食べられています。所は変われど、枝豆を食べる風景は何となくノスタルジックでアットホームでいいものです。今や世界中で愛されている枝豆を夏の食卓に是非どうぞ。

夏が旬のものを使った
夏バテに効くレシピ
枝豆と卵のイングリッシュマフィンサンド

材料

4人分
・長芋 1/4本
・枝豆 12さや
・イングリッシュマフィン 4ヶ
・卵 2ヶ 
・マヨネーズ(市販) 適量
・ハム 8枚
・塩 少々
・胡椒 少々
・パセリのみじん切り 少々

手順

1. 卵はゆで卵にして、大き目の粗みじん切りにする。枝豆はさやごと茹でてから、中を取り出す。
2. (1)にマヨネーズ、塩、胡椒、パセリを入れて和える。
3. 長芋は皮をむき、軽く塩、胡椒して、フライパンで焼き色を付ける。
4. イングリッシュマフィンをトースターでパリッとするまで焼いてから、横半分に割り、両面にハムをのせる。2→3→2を順にのせ、マフィンでサンドする。お好みで半分にカットして出来上がり。

奥村 直樹

奥村 直樹

Naoki Okumura

フランスや京都で研鑽を積んだ後、京都のフランス懐石の老舗『西洋膳所おくむら』の二代目として子供の頃から食べ鍛えた味覚を武器に独学で日本料理を学ぶ。その後板前割烹のよさを取り入れた「おくむら」スタイルを確立。東洋人ではじめて世界のアマンホテルの料理プロデュースも手がけ、国内外で幅広く活躍中。
https://restaurant-okumura.com/
フォローする Follow us on

以前の記事

おすすめの記事

毎日肌から感動する
ELECTORE
3 STEP シンプルケアアイテム