心も美しく

お隣の県で起こった大地震。募金に協力してくださる皆様の行動、その想いにとても感動しました。

心温まるお話

Story.3

2023.06.01 UPDATE

私たちは“美の本質は感動”であると考えています。 いつも感動に満ちて生きている方は、いくつ年を重ねても美しく魅力的ですよね。 ふとした瞬間の出来事に喜びを感じ、いつも心豊かに過ごすことで内面から美しさの溢れる女性でいたい—。 そんな思いから、お客様ご自身が日常の中で体験された感動エピソードをご紹介し、共有させていただきたいと思っております。 心がホッと温まったこと、嬉しかったこと、ジーンと感動したこと。どんなことでも構いませんので、是非あなた様のエピソードも教えていただけませんか? お話をご投稿頂いた方にはもれなく、ささやかなプレゼントをお贈りしております。

episode.1

【ライム様(54歳)】4月UP
子供のころから、僕が働くようになったら「お母さんを旅行に連れて行く!」と、よく言ってくれていた息子。大学を卒業して、いよいよ就職。そして、初めての給料。息子は、本当に私だけでなく主人や、姉、兄までも家族みんなを箱根に連れて行ってくれました。有言実行の息子が頼もしく思えた、とても感慨深い1泊2日の旅行でした。

episode.2

【ゆいあいママ様】4月UP
去年の大みそか、体調を崩してしまいました。大みそかなのに…何か作らないと…と思いながらあまりの体調の悪さに寝てました。起きたらもう夕方でした。そしたら、9歳になる娘が、きんぴらごぼう作ったよ~と! パパと作ったから食べて!と言ってくれ、いろいろ準備をしてくれていました。年越しそばまで作ってくれ、家族に感謝感謝の大みそかでした。

episode.3

【サマンサ様(54歳)】4月UP
私は、現在54歳になります。時々、娘が幼い時のことを思い出しては、自分も、いつまでも純粋な心で、可能な限り、身も心も美しく、年を重ねていきたいと考える今日この頃です。下の娘は5歳の時、保育園のお友達が入院したと聞き、全財産の400円を持って、持って花を買いに行きました。事情を話すと、お花屋さんは感動して、400円よりはるかに高い、ステキな花束を作って下さり、お友達宅を訪ねたのですが、家に居るはずもなく、隣の家の人に、花束をあずけて帰り、親の私は何も知らずに、お友達のお母さんから聞かされて初めてその事が分かったという私ことがありました。その娘も、優しい人と結婚し、幸せになりました。人のために、時間とお金を使う人は、絶対にお金に困らない・・・を立証してくれた娘に、心から拍手を送りたいと思います。どんなに、生活が苦しくても、人のために、いつも精一杯頑張る娘でしたから。

episode.4

【さくら様】12月UP
朝会社へ向かう途中、前を歩いていた70代くらいの男性が転んだので起こしてさしあげました。しばらくしてまた転んでしまい、その時は私以外に二人の男性も近くにきて抱きおこしてくれました。もしやと思い少し事情を聞いたら、先週軽い脳梗塞で倒れたので100メートル先の病院にむかう所だというのです。
この状況では1人では無理だと思っていたら、幼稚園バスを見送りに来ていた若いママ二人がそばに来て、私の説明を聞きすぐに目の前の自分のマンションに戻り車椅子を借りて病院に連れていってくれると言ってくれました。
そのママの1人は偶然にも看護師さんでした。私達に「この方は必ず病院にお連れしますから早く会社に行って下さい。」と言ってくださいました。
これは東日本大震災のすぐ後の出来事でした。
日本人の助け合う気持ちは凄いと思いました。
世の中、色々ありますが悪い事ばかりではない…捨てたもんじゃないですね。

episode.5

【LOVE虎様】12月UP
以前名古屋に住む友人に会うために難波から電車に乗りました。私が乗り換えをする駅の一つ前の駅から、目の不自由な方が介助の方と乗って来られました。
私は譲らないとと思ったのですが、もしかしたら次の駅で乗り換えるかもしれない、次の駅でそうだったら譲ろうとそのまま座っていました。
結局次の駅でもその方は降りなかったので、どうぞ、とお声をかけましたが、モヤモヤ感と後悔の念が残りました。
別の日、電車に乗っていたらお年寄りの方が乗ってきたのですが、高校生ぐらいの若い男の子がすぐに席を譲ってました。お年寄りの方はありがとう、と喜んでて若い男の子は笑顔でした。私はそうでないかも、という理由で席を譲るのを躊躇してしまったのに、若い男の子はすぐに譲ってたので、自分さえ良ければいいという人が多いこの世の中、お年寄りや体の不自由な方が乗ってきてもなかなか席を譲らず顔を背けたりしてるのに、この若い男の子は優しい心の持ち主だなぁ、とこちらまで温かい気持ちになりました。
譲ろうと思っていてもいざとなるとなかなか行動に移せないのが現状ですが、見習わなければと思いました。譲り合う精神大切ですね。

episode.6

【矢野 陽子様】12月UP
30年程前、小1の娘と岩手の故郷に帰省した時のお話です。
ローカル線を乗り継いで地元の人々とおしゃべりしたりおにぎりを頂いたり楽しい車中でした。帰りの電車でも千葉からの姉妹の旅行者と同席になり、たわいもない話に花を咲かせている中激しい雷雨で列車は立往生し、電気が切れ窓ガラスはみるみる曇り出しました。

時間を持て余した私たちは指で窓に字をなぞったり絵を描いたりしましたが、そのことが後に大助かりすることになりました。
停車が長かったので家にいる主人に電話をかけようとしてホームに出たが公衆電話は長蛇の列。仕方なく駅外に出て電話をかけているうちに荷物だけ積んだ電車は走り去っていたのです。途方に暮れて次の電車に乗り最寄りの駅に着きましたが事情を話すと荷物が駅に届いていました。同席の千葉の姉妹が届けてくれていたのです。その気持ちがとてもうれしく何としてもお礼がしたく千葉県の姉妹の住んでいる市を調べたら同じ名字が12軒あり次々と電話を掛けようやく姉妹にたどり着きました。そこで感謝とお礼をすることができました。あの電車が止まった時、曇った窓ガラスに名前を書いたりした事が私たちを繋げてくれたのです。一期一会のとても素晴らしい幸せな思い出でした。

episode.7

【hanako様】9月UP
以前、大阪に住んでいた頃のお話です。
とても仲の良い友人と2人、バスに乗っていました。駅に着き降りようと前に移動すると、若い男性が料金ボックスのところで立ち止まったまま、困っている様子でした。どうやら一万円札しか手持ちがなく、両替もできないと言われていました。にっちもさっちもいかず、後ろの人も降りられず、となりました。料金は180円です。
バスカードを持っていた私たちは、彼の横からカードを通しがてら、「これで」と何のためらいもなく、私が100円、友人が80円、料金箱に入れました。
彼はもちろん驚いて、「いや、そんな・・・」とかなんとか言いました。
「いい、いい」
「たまには、こんなこともあってもいいやんね」
と、若い男性にバス代を奢ったという高揚感もあり、ニコニコしながら私たちは、そのままバスを降りました。
「すいません、ありがとうございました」
と、若い男性と運転手さんからの言葉を聞きながら、二人で楽しいねえと、その日1日浮き浮きと過ごしました。

「心あたたまる話」というテーマを考えていて、ああ、こんなことがあったなあとふと思い出しました。
今思うと、こちらが「心あたたまらせていただいた」ありがたい経験です。

episode.8

【葵の上様】 9月UP
かれこれ15年以上昔の話になりますが、今でも忘れられない心に残る素敵な想い出がございます。
私はガーデニングが趣味で庭にバラ、ハーブなどいろいろな植物を植えております。当時、家の通学路に面した角にバラやブラックベリーを植えておりました。
ブラックベリーは珍しくて、ご近所でもあまり見かけなかったように記憶しております。黒い実をたわわにつける様子を見るととてもかわいらしくて、その成長を楽しみにしている毎日でした。

そんな折、ある日の夕刻、ドアのベルが鳴りました。どなたかしらと出て見ると、小学5・6年生の女の子が2人いました。「この実を下さい!」と言うのです。
家に持って帰ってお母さんに植えてもらいたいということでした。彼女たちもブラックベリーの不思議な魅力に惹かれたのでしょう。もちろん、快く差し上げました。

そして、わざわざベルを鳴らして、礼儀正しく家人に許可を得るという態度にとても感動しました。通りすがりにひょいととってもいいし、下に落ちているのを拾って行ってもそんなにたいしたことではないので咎めたりはしないのですが・・・。今頃はきっと素敵な社会人にご成長なさっているのでしょう。また、お会いしたいですね。
家で収穫したブラックベリーのフォトを添付させていただきます。

episode.9

【きらりん様】9月UP
お隣の県で起こった大地震。もともと地震が少ない地域ですので、大変びっくりしました。
幸いなことに、私が住んでいるところに被害はなかったのですが、身近な方のご家族やご親戚、お友達、お知り合いが被災された(または日常生活が困難になった)という話しを聞きます。職場でも、お客さまから同様の話を聞きます。
そこで、「何かできないだろうか?」と同じフロアにある会社・団体で話し合い募金箱を設置しました。
このフロアを訪れる方々の年齢・性別は様々です。多くの方が、募金箱に気付くと足を止めてくださいます。そして、かなり多くの方々がお金を入れてくださるのです。
定期的にいらっしゃる小学生の女の子は、毎回小銭を握り締めてジャラジャラと入れてくれます。
また、先日は小銭が無かったからと募金のためにわざわざ立ち寄ってくださった方もいらっしゃいました。
このように「直接できることがないから」と募金に協力してくださる皆様の行動を見せていただき、その想いにとても感動いたしました。

この大切な募金は、責任を持って困っている方々のお手元へ届くようにいたします。
被災された地域・被災された方々の一日も早い復興と回復を心よりお祈り申し上げます。

episode.10

【ちゃん様】9月UP
先日、都内で雪が降った日に電車が遅延しました。
通常始発から40分で目的の駅に着くのですが、その日は本数も少なく、各駅停車だったため3時間かかりました。
車内は満員で身動きとれず、腕時計や携帯も見ることができずにいると、時間を教えてくれる人や、「降りる人いますか?」と声をかける人、挟まった鞄を引っ張る人、お互いに助け合ってました。
長時間の窮屈はだれも同じで、そんな中の思いやりに気づかされました。

フォローする Follow us on

以前の記事

おすすめの記事

毎日肌から感動する
ELECTORE
3 STEP シンプルケアアイテム